火災保険の比較・選び方のポイント、人気ランキングなどの情報をまとめてみました

火災保険比較・お役立ち情報サイト
火災保険比較・お役立ち情報サイト TOP

火災保険比較・お役立ち情報サイト TOP

火災保険を比較する際に必要なので、まずは火災保険ついてまとめてみましょう。火災や落雷、爆発、風災、雪災などが原因で保険の対象になる建物や家財が、被害を受けた時に補償される対物保険を火災保険といいます。

まず、火災保険を分類すると、住宅用と事業用があります。保険料は、それぞれの火災保険商品でも違いますが、保険の目的になる建物の所在地や構造でも違います。

火災保険は、短期の1年から長期の30年まで契約ができますが、長期の契約になれば、掛け金が安くなります。その他、火災保険の中に家財保険もあります。ですから、家財保険についても確認しておいた方がいいでしょう。

例を挙げると、専用住宅なら、火災保険の対象は建物や家財になります。もし、賃貸物件に居住しているなら、対象は家財だけになります。この場合、家財を目的にした災保険契約を家財保険と呼ぶことが多いようです。

家財と言うのは、生活関連の物品のことです。たとえば、TVやパソコン・冷蔵庫・洗濯機などの家電品とか、テーブルやタンス、洋服になります。家財保険と言うこともありますが、一般には、火災保険の特約として扱われている場合が多いよいうです。

たとえば、賃貸物件に居住している時は、建物の火災保険には、加入できませんが、家財を対象にした火災保険なら加入できるでしょう。自己所有の建物に居住している時は、建物と家財のどちらも対象になる火災保険に加入できるでしょう。

 

火災保険の補償内容を比較する

火災保険の補償内容を比較しておきましょう。

火災保険の内容は次の項目に分かれています。 火災、落雷、破裂や爆発の他に風災や雹、雪災などの災害や盗難及び外部からの物の衝突や、落下、騒じょう、水濡れや水害なども含まれています。

一般的な補償内容は、これらの項目になりますが、火災保険の商品が違えば、補償内容も違ってきます。すべてをカバーする補償内容もありますが、一つだけを補償する火災保険もあります。

火災保険は、時代と共に少しづつ変化しているので、補償の幅も広がっていますが、火災の他は対象にならないと思っている人もいるようです。火災保険の補償内容は、居住する地域の特性を基本にすることが大切です。

例えば、川が近にあるので水害に合いやすいとか、台風が頻繁に上陸するとか、盗難に合いやすい地域とか、地震の発生も考えられます。あまり災害に見舞われない地域もあるでしょう。マンションの高層階や高台に居住していたら、水害の被害は考えられないでしょう。

現在の火災保険は、自然災害を含む補償内容になっているので、それぞれの状況に合わせて加入する必要があります。補償内容を比較・確認しながら、必要性の高い項目を選ぶことが大切ではないでしょうか。


火災保険の目的を比較する

火災保険に加入する目的は、一般の家屋と事業所では、少し違います。

まず、住宅用の物件では、建物と家財の両方か、建物と家財のどちらか一方になります。事業所などは、建物と什器・備品、商品などが目的になります。火災保険に加入する場合、住宅用なら、保険の目的になる建物や家財類、事業所なら、建物と什器・備品、商品を所有している人が契約をすることになります。

自己所有の家屋の場合と、賃貸の家屋では、火災保険に加入する時の目的が違ってきます。自己所有の持ち家なら、火災保険の目的は、建物と家財になりますが、賃貸の物件に住んでいる場合は、建物に関しては大家さんが加入しますが、家財類は、持ち主になる賃借人が加入することになります。

その他に、分譲マンションなどの共同住宅を自己所有している人は、自身が居住する専有部分と所有者全員で共有している共有部分に分かれるので、一戸建の住宅とは区別して考える必要があります。

このような分譲マンションなどの共同住宅は、専有部分は所有者が火災保険に加入しますが、共用部分に関しては、管理組合が加入するようになっています。火災保険に加入する時は、保険の目的を考えて加入契約をすることが大切です。

トップへ